パワーベルトは甘えではありません

KONDOです。

KAMEYAMAが某SNSで話題となった
記事を先日取り上げていたので
私も追随して某SNSで話題となった
パワーベルトは弱者のハラマキ
という内容について記述していきます。

先日のKAMEYAMAが
某Y先生とSh○さんとの
争いについての記事は↓

これは明らかにSh〇さんが圧倒的に正しいのと
某Y先生が博士号持ちの方やバリバリ研究者の
意見に聞く耳をもってない点が大人げなかったですね。

今回の炎上案件

今回の主人公はこのパーソナルトレーナーさんです。
激しく誇張した表現をして炎上商法で
フォロワーを増やそうとする
マーケティング目的なのか本気で言ってるのか
謎ですけどね。
(やりとり見ている限り多分後者)

今回の一連の流れとしては
このパーソナルトレーナーさんが
上記URLのTikTokにて発信していた
トレーニングで使用する
パワーベルトのことを弱者のハラマキ
と比喩していた
ことがきっかけで
ネット上に存在する筋トレクラスタたちに
見つかって槍玉に上がった感じです。

このパーソナルトレーナーさんは
この動画内にて
ベルトしてスクワットするから腰が痛くなる
と発言しています。

また字幕にて
もちろんベルトが必要な時もあります
1RM 85%を超える重量で行うときです

と記載しています。

実際SNSやYoutubeだと
限られた時間内などで編集したり
字足らずになったりして
本来伝えたかったものが
伝えられなかったりしますから
真相は謎なんですけどね。

炎上して話題になって
本人は喜んでる風な感じになってますが
実際のところ不明です。

パワーベルトの役割

これら2記事、今一度再読お願いします
非常に重要な内容となっておりますので
読んだことある人も復習がてらお願いします。

実際のところ

パワーベルトは腰痛予防のためのもの!

誤認している人ってかなりの数居るのは事実

パワーベルトってのは腹圧のかかりを感じやすく
抜かしにくくするもの
です。
それにより結果腰痛予防になります。
つまり根本的に腹圧をノーベルトでもかけれないと
意味が無いのです。
だからベルトしてても腰が痛くなる人が多数なのです。

そしてパワーベルトをキツく締めるため
それでお腹がしまって
腹圧がかかっていると勘違いしている人は
めちゃくちゃ多い
です。
実際当ジムで指導しているトレーニーも
完璧にできている人など居ませんでした。
だって実際難しいもん。マジで。
疲労などで日によってかかりにくい日あるので
そういう日はめちゃくちゃ腹立ちますから。←

でも本当に腹圧がかかってると勘違いしている人
めっちゃくちゃ多いです。本当に。
何度も言いますが。
かかってるようでかかってない。
かかってるけど不完全的な

腹圧って前面だけじゃないですからね。
ドチャクソ難しいんです。
腹圧の詳細は当ジムの指導か
まともなパーソナルトレーナーの指導を仰いで下さい。

なので
ベルトをつける=腹圧かかる=安心
じゃなくてベルトなしでも
腹圧かけれて抜かさず動作できるようには
しておきましょうね

ってのが今回のパーソナルトレーナーさんが
本来表現すべき内容
だったのかなと思います。
↑こんな感じの文を書いていたら
炎上にはならなかったかなと思います。知らんけど。

ベントオーバーローなんかは
ベルトつけたりするとベルト邪魔だったりしますし
腹圧抜けたら腰がさよならバイバイなので。

ベルトは甘えか

ところで
ベルトしてスクワットするから腰が痛くなる
1RM85%以上はベルト必要
ってのはよく分かりませんね・・・

ベルトするから腰が痛くなる
ってのはおかしいですからね。
それって腹圧がかかってないってのが
根本的な原因であるので
ベルトしようがしなかろうが
腹圧がどのみちかかってない状態なので
ベルト関係ないじゃんって。

これでは動画を見た無知な初心者が
勘違いを起こしかねません。

そして
1RM85%以上とは何を根拠に言っているのか・・
ベルトするから腰が痛くなるなら
1RM85%だろうが50%だろうが
腰痛くなっちゃうんだから必要ないじゃん
って矛盾が生じているんですよね。

85%って数字はどこから導き出したのか。
おそらく腹圧が無意識的に抜けてしまった際の
ケガするリスクが高いから、だと思いますが・・
でも結局腹圧がかけれていることが前提として
話が進んでいるので弱者には結びつかないですよね。


動画などのコンテンツ作りって難しいですね。

難しいにしても
こういう誤解が生じたり極端な言い回しで発信している
パーソナルトレーナーさんの現実の指導は
果たして上手く適切なものなのかは謎ですね。
豊橋も大概やべえパーソナルトレーナー多いですけど
ここまでじゃないですからね。

まとめ

おそらくこのパーソナルトレーナーは
1RM60〜80%くらいの強度で
ノーベルトで行ってモノに頼らず
腹圧をかけ高め抜かさないように(練習)した方が
身体が鍛えられるって考えてるかと思います。
知らんけど。

実際ノーベルトでも腹圧かけれて抜かさない
ってのができないといけませんからね。

仮に腹圧を普通にかけれるのであれば
パワーベルトをしっかり活用して
最大源の出力状態にしてトレーニングした方が
全体的な負荷量は増しますので
ノーベルトでドヤられても・・・となりますし
別に凄いことでもなんでもありませんので
そういった根本的にパワーベルトに対して
勘違いしている人も多いです。

結論、
ベルトなしでも
腹圧かけれて抜かさず動作できるようには
しておきましょうね

ってのが今回のパーソナルトレーナーさんが
本来表現すべき内容で弱者のハラマキという
独特で極端な表現はすべきじゃなかったですね。
1人の指導者として。

腹圧を習得しましょう!!!!
そしてパワーベルトを活用しましょう。







この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。