フィジークポーズ、手のひらは隠すべし

こんにちはTOMOAKIです。
今日はフィジークポーズにおける
手のひらについて自分の考えを紹介していきます。

過去記事:ポージングにおける膝の曲げについて
過去記事:絞れてるのに腹筋が上手く出せない人
過去記事:ぎこちないフィジークポージング

ポージングを何気なくとると
割と手のひらが審査員側を向くことがあります。
普段オンラインや現場で指導していて
手のひらが正面向いてる人は非常に多いです。

しかし、手のひらが見えすぎると
なんか「どすこい感」がでてしまい
フィジークの華やかな感じが薄れて
結構ダサく見えちゃう
なと感じています。

本当に細かい点ですが
フロントポーズもサイドポーズも
バックポーズも手のひらが
ちらちらと審査員側に見えないように
指導させてもらってます。

手首の角度と
指の曲げ具合で
簡単には治りませんが
練習すれば割と良い感じの角度を
繰り出せるようになります。

1人で練習する場合は
カメラで撮って動画で見返すと
やり易いです。

細かいところですが
全体の見栄えに影響する
ので
意識してみてください。

この記事を書いた人

TOMOAKI

2021年度JBBFジャパンオープンクラシックフィジーク168cm以下級準優勝など数多くのコンテストで優れた成績を残し続けており、2022年度から正式にmaison de FLEXER所属のパーソナルトレーナーとして指導中。KONDOやKAMEYAMAより常日頃から様々な知識を供給されそれを活かしてオンラインコーチングで月当たり約30名を指導している。