筋トレ前の糖質摂取は重要である

KONDOです。

今日は糖質と筋トレはセットだよ
なお話です。

糖質はボディメイクの味方

私はこのブログで幾度となく糖質の重要性を
説いてきたつもりです。

ダイエット的に見たときに
エネルギー収支が同じであれば
糖質制限も脂質制限も同等のダイエット効果
というのはもう周知のとおりですが
糖質を摂り続けるメリットがあります。

脂質制限といっても
エネルギー摂取量の約20~30%は摂るので
制限と言っても正直普通ですよね。
なので脂質制限=ローファットダイエットというのは
単純に整えただけのダイエット法
と思っています。
この整えただけのダイエット法が効果てきめん。

つまり明らかに文字通り制限されてしまうのは
糖質制限の方であり使わなくなった機能は
過去に論じた通り鈍り代謝の衰えとして表れ
てきます。

結果論的にデメリットがより表れてしまうのが
糖質制限ということになり、薦めれない理由です。
糖質制限を正当化してパーソナルジムでも指導する所が
未だにありますが既往歴的に
致し方なく糖質制限を選択する以外はナンセンス

と思っております。

運動前の糖質補給

筋トレ前や筋トレ中に炭水化物を摂取すると
45分以上のセッションでより多くの
トレーニング量をこなせるようになる
ことが示唆された
システマティックレビュー・メタアナリシスになります。

要するに炭水化物摂取はエルゴジェニック効果を有する
ということです。

ただしこの研究ですと
絶食後8時間以上である場合に生じやすいとされ
絶食状態にせずに普通に糖質は摂り続けたいですね。

やはり運動には糖質が必要ですね。

お薦め糖質サプリメント、食品

みなさん大好きガッツギア。
特筆すべきはこの手のゼリー飲料にはよく含有されている
ぶどう糖果糖液糖が使用されていない点です。
薬局やスーパーによっては時折定価割れしているため
大量買いマストです。

私愛用中のカーボリンとなります。
粉飴だと下痢をしてしまう私にとっては
もう長らく愛用している製品となります。

知っている人は知っているヴィターゴです。
味は不味いですが胃に溜まる不快感は無く
私も時折使用していますが高価ですので
あまり高頻度では使用しておりません。

まとめ

筋トレするなら糖質大事。





この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。