パーソナルトレーニングの日常さんっ!

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
お客様の目的その3です。
実際に書き出していみると、
いろいろな目的がありますね。
共通なのは”やり方を知る”という点です。

とあるお客様③

今回のお客様は女性Cさんです。
目的はダイエット、ヒップアップです。
この方は、椎間板ヘルニアを患っていました。
当ジムに通いつつ、元々やっていたヨガも並行して行っていましたが、
ヨガはグループレッスンで行うため、その都度、腰や膝に痛みが出ていました。
ただ、当ジムでのパーソナルトレーニングを行っても痛みが無かったそうです
これに関しては、グループレッスンの悪いところが前面に出てしまっています。
ヘルニアなどない人にとっては問題ない動きでも、
ヘルニアの人にとっては禁忌の動きである場合があります

パーソナルでないため、ヘルニアの人に合わせたメニューに
なることはないため行く度に、禁忌を行い痛みが出てしまっていました。
パーソナルトレーニングでは、疾患に合わせてメニューを組み立てていきます。
なので、ヘルニアの人の禁忌の動きなどはメニューから外し、
代替種目を組み込んで、トレーニングを行っていきます。
Cさん自身にも、ヘルニア患者の禁忌の動きなどはお伝えし、
理解した上で、トレーニングに励まれています。

さまざまな疾患持ちも通うジム

当ジムにはヘルニア持ち、変形関節症など
さまざまな疾患を持っている方も、トレーニングに励まれています。
パーソナルトレーナーというのは、筋トレのメニューを知っていればいいわけではないです。
さまざまな疾患に対応できるほどに疾患に対する、知識も必要になってきます。
専門職に及ばずとも、近しい知識が無ければ成立しないです。
数だけ行う、ただただ自分の型に嵌めるなどは
トレーナーとは言わず、ただの補助者です。
そんなのは軽くトレーニングしている友達に頼めば、事足りるでしょう

まとめ

当ジムに通っている人の疾患をいくつかご紹介します。
椎間板ヘルニア、手根管症候群、胸郭出口症候群などから、
糖尿病、脂肪肝、極度の貧血などさまざまです。
疾患持ちの方でも、トレーニングに励まれ、
自身の体を変えようと努力されています。
疾患があって自身でやるのが、怖い方。
けど運動はしたい、体を変えたいなど考えている方は
一度、パーソナルトレーニングを思案してみてください。
もしかしたら、そもそもの疾患が治る可能性もあります。



この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。