アスリートのつれづれ

はい
皆さん
雨ですね
こんにちは
梅雨の時期
じめじめの時期
暑苦しいこの季節
そんな日々を越え今
どうお過ごしでしょうか
我々は湿気と戦います
この暑すぎる時期に抗い
ユニクロエアリズムで対策し
暑くてジメジメしてもエアリズム
さらさらしてとても気持ちいいです
おっと文章で遊んでしまいましたよ
ピラミッドみたいになってしまいました

話は逸れてしまいましたが、
今回はアスリートのつれづれと題名をつけ
ブログをはしらせていこうと思います。
オリンピックも近づいてきましたし、ちょっとだけ。

スポーツシリーズ
才能は開花するのか?
つつみこむように~MISIAじゃないよ~

1%の能力の向上で勝利を手に入れるか、手にか入れないかの世界

当ジムのお客さんで
特定のスポーツで頂点を極めるため
日々鍛錬を積まれている方が居ます。
技術の向上の傍ら、並行して
自身の運動スキルを高めるため、
身体作りに励まれています。
その身体作りの手段として
当ジムのパーソナルトレーニングを
利用して頂いております。

頂点を目指すアスリートにとって、
自身の運動スキルを高めることで
接戦の試合の場合、
相手よりも1%能力的に勝っていけば
試合に勝てる確率は高くなります。

子供のころは無限の可能性を感じ、
思春期の成長期で短期的に飛躍的な
身体の変化を遂げることも有り得ます。

しかし、思春期を越え、
ある程度の身体変化を体験した後、
大人になればなるほど身体的な変化で
短期的に驚愕の進化を遂げる。
そんな事例はごく稀です。
しかしながら、頂点を極める領域になればなるほど
接戦が多くなる場面が多く存在します。

極限の地

例を挙げれば陸上の100m走。
コンマ何秒かで国の代表選手に
なれるかなれないかの境地です。
たったつま先の差。
ミリ単位の世界で、
代表が決まるか決まらないかそんな世界です。

例えば身体的要素がほぼ同じの選手が4人
居たとして、その中で1%ちょこっとだけ
誰よりも勝っていたのであれば
その選手が代表権と獲得することとなります。
まさに少ないパーセンテージで天と地が分かれる
とってもシビアな世界なんだとつくづく思います。

そんな中で1%の成長で接戦をものにする。
1%の成長によって手に入れるものがある。
そこに向かっていく方たちに対して尊敬の目しかありません。

自分自身が頂点に昇るために
何をするか考えたとき、
身体活動スキルを上げて、
ジムでトレーニングするといった選択をした
アスリートに対して1%の成長を支える。
そんな時間を過ごせるように
トレーナーも尽力していかなければなりませんね。




この記事を書いた人

ODA世界観

NSCA-CSCS
健康運動指導士
健康運動実践指導者

パーソナルトレーナーとして年間で2000件近く指導してきて、豊橋市内での指導件数は一番多いのではと自負があります。それが経験として活き十人十色の骨格・体力を瞬時に認識して適したトレーニング指導ができます。
NSCA-CSCSの資格を取得して以来は、ウェイトトレーニングばかりではなく身体の柔軟性や動かし方などのコンディショニング面の改善意識も強く持つようになりました。ボディメイクはもちろんのこと、姿勢の意識をはじめとする腰痛や肩こりに対してアプローチし身体の不調を整えながら楽しくトレーニングを行えたらと思います。