ビタミンに美容効果はあるのか?

KONDOです。

今回はボディメイクとは脱線しまして
美容・美肌についてです。

当ジムのKAMEYAMAは
酵素パックを週1、2で実施している
美容男子でございます。
休憩中チラッとスマホの画面が見えて
調べていたものが化粧水とかでした。

美容効果

広義的な意味での美容効果とします。
肌荒れ防止云々や美白とか含めてです。

よくエステなどで販売されている
美容サプリメント的なものによく含まれている
栄養素をベースに今回は書いていきますが
ビタミンCを筆頭にビタミンについて記述しますが
まず結論から書くと科学的根拠は無いです。
もちろん現状のエビデンスなので今後は未知です。

さて美容系のサプリメントの中には

  • ビオチン
  • ビタミンC
  • ビタミンB群

がまず絶対と言って良いほど含まれています。
抗酸化としてビタミンEなど
とにかくビタミン類が突っ込まれています。

ビオチンとビタミンC

ビオチンについては
肌だけでなく髪の毛や爪にも良い
と謳われています。
Instagram上でもよく上記のまま
書かれているところが非常に多いです。
多いというかほぼ全て。

一般的にビオチンで通っていますし
それでOKですがビタミンB7やビタミンHなどとも
言われます。
1日の推奨摂取量は18歳の男女ともに
50μg/日
です。

食品としては
乳製品やナッツ、卵、野菜、果物に普通に含まれ
普通に食事をしていたら不足することはない
とされています。

肌や髪の毛、爪に良いとされる
エビデンスは存在せず水溶性ビタミンで
且つ日常生活上で不足することがないため
その効果も期待は無い
ですね。

これは以下のビタミンB1についてと同じで
不足すること稀で充足しているのに
それを更に補ったところで無意味
という点と同じです。

続いてビタミンCについても同じことが言えますし
過去に記事にもしています。

↑の記事中にもありますが
サプリメントなどで高含有量で摂ると
水溶性であるビタミンCの排出量を増やします。

基本的に不足することはビオチンと同じく
非常に稀
であります。

要するにビタミンに関しては
基本的に普通の食生活で充足しているので
それ以上摂って何になる?という感じです。
不足しない様に過ごせばよいというだけで
過剰に摂るメガビタミン的な考えは不要です。

同じくビタミンB群もです。
基本的に不足することはあまりありません。
完全なヴィーガンなどは別ですが
肉や魚、卵、ナッツ、野菜などを
適当に摂っている人は不足しないですね。

まとめ

基本的に充足しているのでサプリメントでの
追加摂取は不要です。
また充足しているが故に検証の余地もなく
高次のエビデンスも存在しません。

例えば日頃の食生活が全然ダメで
菓子パンとか野菜だけとか、欠食とか
そういった感じでしたら話は別ですが
その場合はサプリメントで補うよりもまずに
その食生活を直すべきですね。

「不足すると・・・」
という煽り文はたちが悪いですね。
以下の記事を参照ください。




この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。