水と非栄養性甘味料

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回はダイエット飲料の類は
本当に減量向きかどうかの論文を引用していこうと思います。

論文

この研究では水と非栄養性甘味料(NNS)で
甘味をつけた飲料の体重への影響を調べたものです。

体重が安定している過体重および肥満の303人を対象に、
1年間、毎日24オンス(710ml)の水またはNNS飲料を
摂取するよう割り当てられた。

結果としてNNSと水の摂取は同等ではなく、
1年後の体重減少量はNNSの方が大きかった。

1年後、水を摂取した被験者は
2.45±5.59kgの体重減少を維持したのに対し、

NNS飲料を摂取した被験者は6.21±7.65kgの減少を維持した。
これらの結果は、NNS飲料が、体重管理プログラムの中で、
体重減少および維持のための効果的なツールになり得ることを示唆している

この研究にはいくつかの限界がある。
第一に、NNS飲料の常用者である過体重および肥満の人々のみが研究され、
正常体重およびNNS未使用の被験者における効果は異なる可能性がある。
第二に、被験者は正式な行動管理プログラムを用いて積極的に
減量しようとしていたため、そのようなプログラムに登録していない人の
体重への影響を表していない可能性があります。

まとめ

人工甘味料についてはKONDO氏が過去に記事にしていますね。

カロリーゼロ系はメンタル的に甘いモノ食べた気になれるので、
個人的には減量の時はいいと思います。
マイプロの0㎉シロップ多用した過去がありますね。

人工甘味料系がいい悪いの話は今回出ていないので、
単純に減量に向くか向かないのかの話です。
推奨する訳ではないです。

過去おすすめ記事
・水を飲む事で痩せるのか

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。