パーソナルジムトレーニングの日常にっ!

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
過去に、当ジムに通い始める、
お客様の目的を記事にしました。
今回も、当ジムに通われている、
お客様の一例を記事にしていこうと思います。

とあるお客様②

今回の、お客様は男性Bさんです。
Bさんは”自分の体が細いこと”をかなり気にされていた方です。
こういった男性の方は、一部の例外はあれど、
基本的には”食事量が少ない”ことが一番の問題です。
なので、まずはとにかく食べる事を勧めます。
ダイエット目的で来られる方とは、真逆に食べることを勧めます。
そして食べることを前提として、
体を大きくするために全身のトレーニングを行います。
2分割、3分割と適応レベルに応じてメニューを変えていきます
トレーニング種目を形で覚えるより、
頭で理解しながら行えるように、理論を交えながらのトレーニングを行い
半年で183cm、62㎏→73㎏になりました。
周りからも体の変化を驚かれ、誰一人Bさんを細いとは言えないような身体になっていきました。
Bさん自身がこちらの指示に従っていただき”とにかく食べること”を
実践し続けた、結果にもなります。
パーソナルトレーニング開始直後は力が弱く、
スクワットでも自重で潰れかかっていましたが、
100㎏を担げるようになり、デッドリフトも120㎏まで
綺麗に持ち上げることが出来るようになっていきました


初めは週1、途中から週2のトレーニングだけで
1年も経たずに、綺麗にスクワット、デッドリフト100㎏越えを
上げることが出来る人はどれほどいるでしょうか?
そういった意味では、やはりパーソナルトレーニングを
初めから行うのは最短ルートに近いともいえると思います

パーソナルトレーニングの終着点の一つ

Bさんは現在、当ジムには定期的には通っていません。
なぜなら、月額制ジムに通い自身でトレーニングを行っているからです。
最終的には、自身でトレーニングができる人は、自身でトレーニングをする
パーソナルトレーニングにおいて一つの理想的な形です。
自分だと甘えてしまう、一人だとやらないなどは別として、
トレーニングを自分で出来る人は、自分でやれるのが理想的です。
このような方はフォームが分からなくなった、成長が感じられないなど、
行き詰った際に、またパーソナルトレーニングを受けに来られます

このように全てのトレーニングをパーソナルジムで終わらそうとせ
そうすれば、トレーニングのレベルはどんどん上がっていきます。

まとめ

この方のパーソナルジムの利用方法は、
トレーニングのスタート地点
ジム行ってもなんとなくで、それっぽい形であやふにトレーニングを行う事は
誰の目から見ても成長が遅くなる原因です。
最短ルートを歩くためにめ、
トレーニングのスタート地点をパーソナルジムにするのは、
1つの選択肢としてはありだと私は考えます。

この記事を書いた人

BIG FACE KAMEYAMA

BIG FACE KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。