子どもの肥満に対する運動介入の影響

みなさまこんにちは。
パーソナルトレーナーの亀山です。
今回は、肥満の子どもへの運動効果についての
論文を引用していこうと思います。

論文

小児・青年の過体重・肥満に対する運動の体脂肪・
遊離脂肪量・インスリン・インスリン抵抗性・体力への影響について、相反する知見がある。
このメタ解析の目的は、過体重および肥満の小児および青年における
運動介入の効果を運動タイプ別に検討し、
代謝異常のリスク低減に効果的な運動介入を構築することである。

合計27件の研究が組み入れ基準を満たした。
有酸素運動に参加した過体重および肥満の小児および青年は、
対照群と比較して、体格指数、体脂肪率、空腹時インスリン、
遊離脂肪量、TNF-α、IL-6の減少、および体力の増加がみられた。
レジスタンス運動における遊離脂肪量の低減は認められなかった。
グルコース、インスリン抵抗性、血圧、CRP、総コレステロール、
トリグリセリド、LDL、HDLなどの血液マーカーは有意な変化を認めなかった。
平均的な運動介入は有酸素運動、3回/週、60分、運動期間36週であった。

結論として有酸素運動は、小児期・思春期の過体重・肥満の体脂肪、
空腹時インスリン、炎症マーカーの減少、体力の増強に有効であるが、
レジスタンス運動を追加することにより、過体重・肥満の小児・思春期の
筋肉減少の回避に役立つ可能性があることが示された。

まとめ

子ども筋トレすべきじゃないかという時代ですね。
肥満などに対してもそうですが、
競技力向上にも必要ですね。
ただし、子どもが大人のように筋力増強などが
主目的で筋トレを行うのは違います。
どちらかというと”全体的に動けるようにしようね”が最優先かと思います。
単関節運動よりも多関節運動メインで
連動性を高く維持し続けることが
子どもにとってはいいんじゃないですかね。
といっても当ジムに通う主婦層から聞く限り、
スポーツコーチに筋トレの知識がないので、
怪我させるリスクが高いので、
それならやらせない方がいいと思います。
知識がない筋トレは特定部位に、
局所的な負荷をかけるので怪我しやすいですし、
疲労、収縮、固さなどで、
スポーツ自体のパフォーマンス低下にも繋がります。
難しい所です。

過去おすすめ記事
・子どものレジスタンストレーニングの効果

この記事を書いた人

KAMEYAMA

パーソナルトレーナー
NSCA-CPT

ボディメイクを目的に元々トレーニングしてきましたが2020年よりパワーリフティング競技者となるべく自身のスタイルが変わりました。指導内容は解剖学に適切に沿いながらレベルを問わず基礎基本を丁寧に、そして応用やパワーのテクニックを加えて指導します。ボディメイク指導が最も得意としていますが今後はパワーリフティングの指導もできるように精進します。