マシン考察④鍛錬 マッスルチェストフライ

 KONDOです。
マシン考察第4弾です。
今回は鍛錬マッスルチェストフライについてです。

強烈な負荷が襲う

 このマッスルチェストフライに関しては
ある意味鍛錬”ぽくない”刺激の強さがあります。
当ジムに導入している鍛錬の他のマシン3台、
マッスルショルダープレス
マッスルヒップスラスト
マッスルローイング(アイリスロー)
※それぞれについても詳述してありますご覧ください。
と比較しても強烈さが増した感じです。
収縮もストレッチも非常に強いマシンとなります。
そしてチェストフライということで
ダンベルフライでは不可能な位置にも
負荷がしっかりと乗るため
なかなか味わった事のない刺激がきます

簡単に言い表せばペックとチェストプレスを
融合させたような感じ
です。

唯一無二のマシン!?

 前述通りペックとチェストプレスを
融合させたようなマシンになります。
文字通り大胸筋全てに刺激が入ります
もちろん内側にもです。
ググっと痛いくらいの収縮感と
肩が落ちながら肘が自然と落ちていき
大胸筋がすさまじくストレッチされるこの感覚を
他のマシンではきっと味わえないでしょう。。
実際当ジムに遊びに来たトレーニーたちも
みな口を揃えてこのマシンに感動を覚えます。
豊橋市のパーソナルジムRebodyさん
このマシンに驚き凄いと気に入っていました。

導入理由

 基本的にジムやパーソナルジムに置かれる
胸のマシンはプレス動作のモノが多いのですが
私はストレッチ感にフォーカスし
可動域や柔軟性の向上、アップにも使用できる
この類のモノを優先して選抜
しています。
チェストプレス系のマシンは手幅が広すぎたり
不自然な”寄り”があり不快であったり、
プレスはダンベルやバーベルでやりたいので
どのみち選択肢にはありませんでしたが
この鍛錬のマッスルチェストフライが
マッチしたのです。

是非体感しにご来店くださいませ。
体験は1回¥3,000となっております。

この記事を書いた人