ARSENAL STRENGTH(アーセナルストレングス) 上陸!!!

KONDOです。

ようやく、納品できました\(^o^)/
本当に「\(^o^)/」こんな感じです。

オーダーしたのは3月中旬頃、
約9カ月の時を経て当ジムに納品されました。
長かったですけどアメリカでの受注生産ですから
納期はあってないようなもの・・・です!!
それがアメリカです!!!←

同メーカーの納品はだいたい半年~
って感じですね。

さて、ARSENAL STRENGTHを紹介がてら
納品したマシンを軽く紹介いたします。

この記事のタイトル、昔書いた記事ですが
「今夏」という文字。
そう夏に入る予定だったんですよ!!笑

ARSENAL STRENGTH

紹介すると言いましたけども
めちゃくちゃ詳しく記述されているこの良記事↑を
参照してください。←
TwitterやInstagramで仲良くしていただいている
ホームジムニキことけいさんの記事になります!←

僭越ながら簡単に要約させていただくと
2015年に設立されたばかりの新興のメーカーですが
全て米国製で受注生産ハンドメイドであり
開発・製造・管理すべて自社で行っている

素晴らしいメーカーです。

現在では有名トップボディビルダーのジムに
よく導入されております。

それの筆頭が
レジェンドFlex Lewis氏のDragon’s Lair Gymや
またBrandon Curry選手のCarbon Cultureなど
しっかりと拘りのある人からチョイスされる
メーカー、それがARSENAL STRENGTH
です。

導入製品

Reloaded Belt Squat

最近流行り???になってきていますかね?
ベルトスクワットは
パワーリフティング界隈では人気の製品ですが
あまりジムに置いてなくレアな製品の類です。
私自身もあまり見かけたことがありませんでした。
ベルトスクワットと言えば有名どころに
ROGUEやPit Sharkなどがありますが
その中でも異質な見た目をしているのが
ARSENAL STRENGTHのベルトスクワットです。

見た目的にはボトムで負荷が抜けるのでは?
と少し不安がありました。・・・が、真逆でした。笑
ボトムでグンっと下に引きずり込まれる様な
そんな感覚の負荷のかかり方をします。
凄まじいです。
又、台座が3段階角度が変更可能です。

見た目はダイナミックでいかついですけども
腰に負担がかからないのはもちろんのこと
下に引きずり込まれるような負荷のかかり方をします。
初心者や女性でも安心安全に
下半身を鍛えることのできる製品
です。

またベルトからアタッチメントに変えることで
ローイングやルーマニアンデッドリフトなど
様々な種目も扱えます。

Reloaded Vertical Row

まず特徴として

  • 360°回転するハンドル
  • 座面をかなり下まで下げ立位でも可能
  • 座面及び胸パッドの角度も変更可能

とても良いです。
これまでの似たような形状のローイングマシンとは異なり
色々自由度があるというのは大きな利点です。

本当にHAMMER STRENGTHの
Iso Lateral Rowの上位互換
の様な感じです。

Reloaded Multi-Flex

このマシンはレジェンドFlex Lewis氏とのコラボ?
共同開発?のマシンです。

これぞThe汎用性って感じですね。
公式では約30種類のエクササイズが可能とのことです。
手前に伸びている2つのアームは
360°回転するグリップ径の細いグリップ,
この画角では見えませんがストレートバーもあります。
また真ん中にパッドがありますが
高さと長さを変更できます。
アームは割と自由度が高く双方が干渉しない範囲であれば
自由に動かすことが可能です。

ただそもそもの軌道が垂直な軌道を取る様な
エクササイズなら互換性があると思われますが
円を描くような例えばフライ系は少し違和感があります。

個人的に試した中では良い感じだったのは

  • ブルガリアンスクワット
  • フロアプレス
  • シュラッグ
  • ルーマニアンデッドリフト

ですね!
重量を楽に積めて安全性も高いところは非常に良いです。

ただ1つ誤算だったのが
1つのアーム自体の重さの初期値が
約10kg程もあるという点です。
・・・なかなか重たいですね。

今後色々試していきたいです。

Reloaded Kick back&Dips

ドラえもんの手みたいな球体の独特なハンドルです。
もちろん球体下部分を持っても良しです。
座面の高さやシート角度が変更可能です。

座ってやるも良し、立って反対向きでやるも良しで
目的に合わせて体勢を変えれば
三頭と大胸筋下部をしっかり鍛えることができます。

少しばかり手幅が広いためユーザーを選びそうです。。

腕のマシンてぜいたく品ですもんね!!

Adjustable Lumber Bench

カーブのかかったベンチです。
TECAや鍛錬の昔のラインナップには
カーブベンチとして存在しておりましたが
あまり導入しているところは見ません。

このベンチに寝てそのままアーチを組まず
普通にダンベルプレス動作をすれば
割と自然に大胸筋上部に刺激が入ります。

あと寝ると気持ち良いです。

Sissy SQ bench

名前の通りです!!笑

まとめ

私が今回導入したARSENAL STRENGTH
全て予想通りいい感じでした!!
日本に導入しているジムはあまり無いため
おそらく東海では初導入かと思います(多分)
そのためもちろん私も触ったことなかったので
マシンの構造やInstagramにアップされている
海外トレーニー勢の動画頼りで
博打でしたけどなんとか勝った様です←

今後は同メーカーを導入するところが増えて
ますます日本のジム環境が良くなっていきそうです!





この記事を書いた人