チートデイは本当に必要なのか?

KONDOです。

円安の影響って本当に酷すぎて
シャレにならないんですよね。
トレーニング器具類はアメリカブランド筆頭に海外のが
かなり多いのでこの業界は影響大です。

・・・ということで兼ねてより欲しかった
世界最高峰最高級バーベルのELEIKOの
パワーリフティング コンペティションバー IPF公認品
を購入しました。
というのも現在の為替的に日本円で16万円して
今回予約購入した分はまだ円安がまともだったときで
次回入荷分は20万円超えてくる・・?
ということだったので焦って購入しました。笑

「パーソナルジムでお客さんELEIKO使います?笑」
とSNSでさっそくツッコミをいただいておりますが
その通りで99%使わないです。←
私物ですので自分用です。

さて今回は
ダイエット(減量)においてチートデイは必要なのか?
です。
チートデイで代謝促進というワードを
よく目にしますのでこれについて言及していきます。

チートデイの意義

チートデイの意義として以下の様に
よく謳われています。

  • 停滞している代謝を引き上げる
  • ホメオスタシス(恒常性)打破

つまりはダイエットにおいて停滞・鈍化している
身体の機能を良い方向にシフトさせる

という感じでしょうか。

・・・私のこれまでの記事を読んでいる方なら
もうお分かりですね、そんな効果はありません

トレーニーの多くが
よく「チートデイ」とSNSに歓喜の投稿しています。
パーソナルトレーナーもお客さんへの食事指導にて
チートデイを時々入れて停滞打破してダイエット促進!
と謳っていますが滑稽極まりでございます。

チートデイは不要?

チートデイが不要か否かは過去の私の記事で説明がつきます。
今回はパーソナルトレーナーが食事指導で
チートデイを設けることに対して言及していきます。

そもそも”代謝の停滞”とは何か?ということです。
そのパーソナルトレーナーが指し示す”代謝”とは
どの代謝なのか?という点が気になります。

↑の記事中にある通り便宜上”代謝”と
言っているだけ
で何なのか明確に理解している
パーソナルトレーナーはごく稀であると思われます。

言わずもがな基礎代謝では決してありません
基礎代謝はダイエット中であれば
体表面積が減っていくわけですから
こちらは減少していって当然となります。

尚、パーソナルジム・エステ系のアカウントにて度々
「〇〇すると基礎代謝アップ」
「〇〇を食べて基礎代謝アップ」
と言っているところは全部総じてクソです。

記事中にも記載がありますが
基礎代謝が高かろうが低かろうが
エネルギー収支次第なので痩せやすい云々は
また別問題
です。

↑記事中に書かれている
ダイエット中における体内のネガティブな反応への
チートデイの意義を謳いたいのでは?
と仮定すると
だから糖質量増やせばええやん」で終わります。

わざわざ普段のエネルギー摂取量をかなり超過してまで
ジャンル問わず好きなものをたくさん食べる
ということをする必要は理論上は無い
はずです。


次にホメオスタシスについても

そもそもダイエット時において
ホメオスタシスと言われていること自体謎です。
おそらく某山本先生が数年前にこの言葉を用いてから
広く知れ渡っているのだと思いますが・・・

単純にダイエット中には様々な体内内分泌量が
変化します。
この変化つまりは適応がダイエットにおいては
マイナスに働いてきます。
これは身体が危険を察知してではなく
単純にエネルギー摂取量や糖質量の変化によるもの。

低気温下における体温低下をふせぐために
身体を震わせて熱を産生させ体温を一定に保とうとする
文字通り恒常性(ホメオスタシス)と
ダイエットにおける停滞は異なります


ゆえにチートデイで停滞打破、というのも謎です。
一旦1ヵ月ほどダイエット食を辞めることが正攻法です。

エネルギー代謝の促進と摂食行動

当ジムのTOMOAKIが過去に記事にしておりますが
このレプチンというものは補足すると
いわゆる痩せホルモンと巷では言われています。
このレプチンがダイエット中(エネルギー収支-)に
分泌量減少していきます。

この減少に伴いグレリンの分泌量が増加します。
グレリンは摂食行動を亢進するため
レプチンの分泌量が低下しすぎないように
過ごすことが有意義であります。
↑なかなか困難

そして記事中にある通り週2回のリフィード
※リフィード=エネルギー収支↑ or ±0 あたり
レプチンの分泌量を抑える効果としては
有効性は見られない
という結論となっております。

つまりチートデイやチートミール、リフィードなどは
摂食行動的な満足感は刹那的であり
長期的な恩恵は無さそうだ
と思われます。

↑こちらの研究でも
過食におけるエネルギー代謝の促進にレプチンが
関与していないと報告しています。

まとめ

代謝促進の代謝とはどの代謝を
指し示しているのか・・・?
ホルモンの分泌量増加を求めるとしても
インスリンやテストステロンなどの場合は
わざわざ過食する必要性は無いですし
レプチンでもないとしたら、何?どれ・・・?

チートデイで代謝促進と謳うパーソナルトレーナーは
どの代謝なのか是非教えていただきたいです。

そもそもの話ですが
チートデイを必要とするレベルの食事制限を
一般人の方が実施している時点でアカン
でしょと。
それがパーソナルトレーナーの食事指導なら尚更。
そしてなぜそのチートデイの時だけ
「血糖値が~」とか普段言っているワードが
都合良く出てこなくなるのでしょうか。
お得意のインスリンの過剰分泌によって脂肪合成
という流れはどうした・・・?笑


ということでチートデイによって
体内がポジティブに変化することは
あまり期待できなさそうです。
気持ち的に一時的ではありますが
満足感を得られることでもっと頑張れる
って思える方ならアリなんじゃないかと思います

私も新規のお客さんとかがチートデイについて
聞いてこられると一応説明はしますが
実施するしないは本人の判断に任せています。
やるとしてもチートミールですが。



この記事を書いた人

KONDO

プロフィール不詳。